カードローンとカーローンの比較


車を購入するときに、ディーラーのカーローンの審査が通らない人もいます。

車は現金で買うほど安くないので、困って消費や金融のカードローンを借りる人もいますが、車を買うときには、ぜひカーローンでなくても、カードローンでも借りられるのです。

カードローンで借りるよりも、たしかにカーローンの方が金利は安いです。ただ、金利は安いけれど、カーローンの方が審査は厳しく、時間もかかります。提出する書類も、カーローンの方が多いです。使う目的も車の購入に限られます。

カーラーローンは、さらに借入限度額も年収の3~4割程度に限定されますが、カードーンは年収に関係なく借入限度額がありません。 このように、金利は安くてもカーローンの方が、カードローンよりも、審査も厳しいということがあるので、カーローンの審査に落ちる人もいますが、カードローンの方が、審査も柔軟で、早く、必要な書類も不要の時もあります。しかも使い道は自由となっています。 カーローンの審査に落ちたかと言って諦めることはないのです。少し金利は高くなりますが、カードローンでクルマ購入資金が借りられるのです。 また、ディーラー系のカーローンを利用すると、ローンの返済が終わるまでは車の名義は信販会社の名義になりますが、カードローンは購入者本人の名義になります。 ただひとつ難点は、手続きです。ディーラー系では、ディーラーが代行して行ってくれますが、カードローンは自分で手続きをしなければなりません。 カーローンと、カードローンを比べると、カーローンの方が金利が安く、手続きもすべてやってもらえるので楽ですが、なにかと条件も審査も厳しいです。

もし、カーローンの審査に落ちたら、カードローンの利用をおススメします。

TOPページ

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ