銀行カードローンと消費者金融の違い


銀行カードローンと、消費や金融のカードローンの違いは、単純に考えれば銀行系の方がなんとなく安心ということと、銀行の方が一般に金利が安いということがあげられます。

しかし、そのほかにもまだまだ違いがあるようです。 まず、利便性では消費者金融のほうが優れていて、何かと楽です。審査の早さでも消費者金融の方が早いですし、銀行の方がなにかと遅いです。

ただし、最近では銀行系のカードローン会社でも即日融資可能と謳っているなど、以前よりは早くなっているようではあります。 そのほか、消費者金融の方が利便性に優れているのは、返済の簡単さです。消費者金融は、全国各地のコンビニのATMが利用できるなどで便利です。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンのそのほかの違いには、近影の計算方法が違うということがあります。銀行の金利の計算は、「元利金等返済」での計算か、あるいは「元加方式」で金利を計算します。 消費者金融ではリボルビング返済という計算方式を採用しています。ただし、消費者金融によって「定率リボルビング」、「借入スライドリボルビング」、「残高スライドリボルビング」などの計算方式で計算しますから、金利もわずかに違ってきます。

銀行この2つの計算方式と、諸費車金融の金利の計算での違いは、借入金額が少なければそれほど差がありませんが、高額になったときに違いがはっきりします。

そのほかの大きな違いは、銀行系は総量規制の対象にならないので、収入のない主婦でも借入ができるということです。

TOPページ

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ